多発性骨髄腫 ラクトフェリン|ラクトフェリン情報館〜ラクトフェリンの効果・効能・通販情報〜

おなかにやさしいラクトフェリンの効果、効能、各メーカーのラクトフェリンサプリメントの通販情報などの総合情報サイト!

多発性骨髄腫とラクトフェリン

多発性骨髄腫は、骨髄中のリンパ球が腫瘍化した病気で骨髄腫とも呼ばれています。

骨髄のリンパ球が腫瘍化して多発性骨髄腫になると異常なたんぱくが出て、正常な抗体が低下するため免疫力が低下します。

多くは50歳以上の中高齢者に発症する病気です。

多発性骨髄腫の症状は、骨の痛みや倦怠感、貧血、出血、感染症に対する抵抗力低下などです。

骨の痛みと貧血があるときには多発性骨髄腫の可能性が高い状態になります。

ゆるやかな病状の変化の多発性骨髄腫は、化学療法と放射線治療が主となります。

残念ながら確実に治療できる方法は確立されていません。

そこでラクトフェリンの摂取が有効です。

ラクトフェリンには、病原菌の細胞と結合して尿などと排泄される働きがあるのです。

その他にもあらゆる病原菌を減少させたり、抗菌抗酸化作用があることが分かっています。

確実に全てなくなるまではいかなくとも、ラクトフェリンを摂取することで多発性骨髄腫の腫瘍が小さくなるのではないでしょうか。

痛みや不安軽減のためにもラクトフェリンの手軽な方法で試してみてもいいでしょう。




ラクトフェリン情報館TOPへ

ラクトフェリンの基礎知識

ラクトフェリンと食品

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンとメーカー

ラクトフェリン情報

当サイトについて